Interviewオスカーで働くということ

不動産営業

石倉 Ishikura

2001 年入社

現在の仕事内容

  1. 既存(中古)住宅の買付け、企画
  2. フルリノベーション工事後の住宅販売

買付けをした既存(中古)住宅を、単にリフォームするのではなく、ホームインスペクション(住宅診断)後、耐震・断熱・耐久性を新築と同等の性能までにリノベーション工事をして再生させ、かつお求めやすい価格の住宅としてお客様にご提供しています。

仕事のやりがい

良くも悪くも想定外がある所ですね。金額的な事でいえば、この価格なら売れると思っていたのが中々売れなかったり、その逆もあったり。

土地や建物は、ひとつとして同じものがないので、想定外が少なくなるよう、細かい所まで調査も確認もします。いくらで買える?いくらで売れる?いくらで直す?・・・など、一日中考えています。

今の部署での仕事は、一軒の家を、旧所有様から新しいお客様へお引渡し(販売)まで行っているので、当社が目指す『循環型住替社会』を一番実感できる職種だと思います。

心に残るエピソード

新築住宅営業の経験が長かったのですが、最初は宅地建物取引業や税法など、不動産売買に関する必要な知識について、浅くしか知りませんでした。不動産業はそれで通用する程、甘くはない業界ですし、同業他社と仕事をする機会が多い仕事なので、資格を持っていない事で信用も得られない部分も多々ありました。

不動産に携わることとなったその年に、宅地建物取引士の資格取得を目指し必死で勉強しました。スマホの宅建の試験アプリなどを、暇さえあれば見て問題を解いていましたね。独学で無事に合格し取引士になった事で、自信にも繋がりお客様への提案や、同業他社との打合せもスムーズにいくようになった事でしょうか。

オスカーの環境について

オスカーには新築、増改築、不動産など各部署にさまざまな知識を持った方が在籍しています。このリノベーションに関する分野は特に、各部署との連携が非常に重要であると感じています。その点、オスカーは各部署連携を取りやすい環境にあるので、日々の業務は非常にやりやすいと思います。

また、新しいことにチャレンジさせてくれる当社の環境は、自分自身の成長にも繋がると感じています。私も強く共感している『循環型住替社会の実現』に向け、更なるチャレンジをしていきたいですね。